教育一般

英語の新教科書 やばすぎる

今年の4月から、中学校は新しい指導要領が適用される。新しい教科書は5月の連休前後にしか手に入らないので、どんな内容になるかと英語の教科書ガイドを覗いてみた。正直な感想は、「やばすぎ。文部科学省は落ちこぼれを大量生産するつもりか?」だった。
中学1年の一番最初のLessonで、be動詞と一般動詞が一緒に出てくる。しかも覚えるべき単語もどっさり。いくら小学校で英語を習ってきているといっても、頭が混乱するのは絶対に避けられない。これからは1年の最初で、落ちこぼれを出さないように、十分気をつけなければならないと考えている。補修時間も増やさないといけなくなるかも。
今まで2年生で習っていたbe動詞の過去形、未来形が1年生へ。3年生で習っていた現在完了が2年生へ。また高校で習っていた内容のいくつかが3年生へと降りてきている。4技能をしっかり教える、おまけに内容も増える。文部科学省は、普通の中学生の能力をどう考えているのだろうか。全員が全員能力が高いわけではない。もっと現場を知って、方針を立てなきゃ、日本の教育は終わるよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。