佐伯市の教育事情

文理大附属特進か鶴城か

女島河口付近の写真

最近、鶴城に進学せずに、文理大附属を選ぶ生徒も増えてきています。私も以前は文理大附属の特進を勧めていた時期もありました。宿題も少なく、自分のペースで学習を進めることができたからです。しかし今は少し考えが変わってきました。指導方法が段々県立高校に似てきたからです。

ギリギリで文理特進に合格した生徒には鶴城を勧めます

これはあくまでも、ギリギリで文理に合格した生徒の話です。成績上位で受かった生徒は、どちらでも好きな方を選んでください。

推薦入試は鶴城が有利

トップクラスで文理の特進に合格した生徒は、どちらを選んでもいいでしょう。しかしギリギリで特進に合格した生徒には、鶴城を勧めます。伝統があるぶん鶴城の方が推薦入試に有利だからです。ギリギリで合格した生徒は、自力で国公立大学に合格するには、かなりの努力が必要です。仮に高校の内容についていくのがやっとという状態でも、鶴城なら私立の指定校推薦も充実しています。定期テストを頑張っていれば、学力が足りなくても、国公立の一般推薦で合格することも可能です。

劣等感に悩まされることも

特別な場合を除いて、文理の下位でも鶴城では成績が真ん中あたりでしょう。文理の場合少人数のせいで順位がある程度固定されています。勉強を頑張っても、なかなか順位が上がらないことも多いのです。親からも叱られ、勉強が嫌いになっていくパターンもあります。生徒の性格にも寄りますが、成績が下位を低迷していて、「あー、私ってダメな子だ」と悩んでしまうことも。

まとめ

上記の理由から、文理大附属特進に下位で合格した生徒には、鶴城に進学することを勧めます。
過去にも、文理特進に進学して失敗したという生徒も現実にいます。鶴城では、同じくらいの学力の生徒が大勢います。頑張れば、順位は上がります。順位が上がらなくても、最悪指定校推薦を狙うという道が残されています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。